30代向けパパ活!男女別のパパ活を成功させるコツを徹底解説!

テクニック

パパ活は年齢によって難易度やポイントが変わってきます。

できるだけ効率よくパパ活を行うためにも、成功するためのコツは押さえておきたいですね。

ですので30代向けにパパ活を成功させるためのコツをまとめてみました。

男女別に説明していきますので、参考にしていただければと思います。

30代のお手当相場

30代のお手当相場
まず30代のお手当相場から説明していきます。
相場を知っておいた方が効率よく稼げますので、きちんとチェックしておきましょう。

30代のお手当相場は、20代のお手当とさほど差はありません。
むしろ20代よりも女性らしさ・大人らしさといった魅力が増すため、大きく稼げる人も多くなります。

相場は下記の通りです。

デート内容 お手当相場
顔合わせ 5,000~10,000円
食事のみ 5,000~30,000円
大人の関係 20,000~50,000円
月契約 100,000~500,000円

大人の有無で金額は大きく変わってきます。
これはどの年代であっても同じですね。

30代男女別!パパ活を成功させるコツ

30代男女別!パパ活を成功させるコツ
それでは30代向けのパパ活を成功させるコツを、男女別で説明していきますね。
まずは男性から説明していきます。

30代男性のパパ活のコツ

30代男性はお手当をしっかりと支払うこと。
正直女性は、お金のためにパパ活をしています。

ですのでお手当を値切ったり、支払いを渋るような人はお断りです。
お金が目的で時間をかけるわけですから、そのお金をもらえないかもしれないというのは、本当にたまったものではありません。

「お金目的の女性はちょっと…」と思うなら、そもそもパパ活をしないほうが良いです。
パパ活とはそういうものですから。

むしろ金払いが良いくらいで丁度良いです。
またお手当を何に使うのか詮索するのは控えましょう。

お金を払っているのだから気になるという気持ちはわかりますが、印象が悪くなるだけです。
そもそもお金に困っているからパパ活しているのであって、その使い道を聞かれても…ね…?

例えば親にお小遣いの使い道を聞かれたとき、どう思ったのかを思い出してみてください。
少なくとも良く思うことはなかったですよね、それと同じことです。

金払いが良くて、細かいことは聞かない人というのは居心地が良いものですし、パパとしては最適です。
女性が求めているパパ像に寄せて行動するようにしましょう。

30代女性のパパ活のコツ

30代女性は、パパを精神的に満足させてあげられるように意識しましょう。
20代のときとは違い、徐々に若さだけでは厳しくなっていきます。

そのときに若さ以外の武器を持つ必要があります。
一緒にいて楽しいと思ってもらえるような会話力、疲れているパパへの励ましや気配りなどなど。
仕事の相談に乗れるだけの知識を身に付けるのも良いでしょう。

一緒に過ごす時間に価値を感じてもらえるからこそ、選ばれてお手当をもらえます。
歳は誰でも必ず取りますし、若さしか取り柄がないというのは人としても魅力が弱いです。

ですので少しずつ自分磨きを進めていきましょう。

簡単なところからであれば、お手当をもらったときにしっかりと喜んであげること。
喜んでいる、感謝している様子を見られるというのは嬉しいものです。

自分が必要とされている、感謝されていると感じれば、精神的に満足させてあげられますよ。
お手当が何円であっても、毎回きちんと感謝を伝えましょう。

パパ活女子は気をつけたい!選ばれなくなるポイント

パパ活女子は気をつけたい!選ばれなくなるポイント
パパ活で稼ぐには、パパに選ばれる必要があります。
でも知らず知らずのうちに、選ばれにくくなるような行動をしている女性も…。
ですので選ばれにくくなる行動について最低限押さえておきたいポイントをまとめてみました。

マナーが悪く、常識がない

マナーが悪く、常識がない女性は選ばれにくくなります。
これが許されるのはせいぜい20代のとき。

「若いから仕方ない」と許されていたものが、歳を取るにつれて許されなくなります。
今まで大丈夫だったからと言って横柄な態度を取っていると、誰からも選ばれなくなってしまいますので注意しましょう。

「私は今までこうやってきた、だからこれからも大丈夫」なんて考えで生きていると本当に悲惨ですよ…。
若さと外見だけでやっていけるのは20代までだと思ってください。

男性に比べて、女性は甘やかされて過ごすことが多いです。
ですので自分で周りをよく見て、マナーや常識を吸収していくようにしましょう。

お金をもらえて当たり前だと思っている

お金をもらえて当たり前だと思っている女性は選ばれにくくなります。
もらえて当たり前だと思っていると、態度や行動に現れやすいです。

基本的にお手当は手渡しになると思うのですが、そのときに感謝する様子がほとんど無い人なんて誰が相手にしますか?

一緒にいてあげているんだから…なんて態度でいると、パパも他の人を探し始めてしまう可能性が高くなります。

少なくとも顔合わせでお手当を渡したときの態度が悪ければ、次はないなと思って断る男性もいます。
30代ともなればお金を稼ぐ大変さは理解できると思いますので、お金をもらえて当たり前という考えは捨てましょう。

態度が悪い

態度が悪い女性は選ばれにくくなります。
まぁ…態度が悪い人は誰であっても嫌ですよね。

一緒にいるのにスマホばかり見ている、会話をしていても反応が薄すぎるなどなど。
態度が悪い人とお金を払ってまで一緒にいようと思う人はいないでしょう。

それなら他の女性にお金を払った方がマシだと判断されてしまいます。
経済力のある男性は仕事で成功する必要があるため、こうした判断が早い傾向があります。

態度が悪くてプラスになることは一切ないので、自分の態度をあらためて振り返ってみましょう。

パパにするのはやめておいたほうが良い男性の特徴

パパにするのはやめておいたほうが良い男性の特徴
次に女性向けのアドバイス、パパにするのはやめておいた方が良い男性の特徴です。
30代になってからパパ活を始める女性もいると思います。
そういった人向けに、やめた方がよいパパの特徴をまとめてみました。

値下げ交渉をしてくる

値下げ交渉をしてくるような男性はやめたほうが良いでしょう。
金額を交渉してくるということは、提示額が高すぎると感じている、金銭的に余裕がない、支払いに不安があるといった可能性が考えられます。

自分に対してそこまでの価値を感じていないことになりますし、支払いに不安があるような人をパパにする必要はありません。
もっとお金に余裕がある人をパパにするべきです。

相場から大きく外れているのであれば仕方ない面もありますが、どちらにせよ値下げ交渉をしてくる人は避けたほうが良いでしょう。

何かと理由をつけて値下げ交渉してきたり、お手当を渡すことを渋ったりする可能性があります。

話が噛み合わなかったり言動がおかしい

話が噛み合わなかったり、言動がおかしい人はやめたほうが良いでしょう。
「お金がもらえるし…」と頑張ろうとする人もいるでしょうが、オススメはしません。

違和感を覚えたときは、大体他の面でもおかしいところがあります。
ストレスも溜まりますし、精神的な負担は大きいですよ。

トラブルが発生する可能性も高いので、できるだけ避けたほうが無難と言えます。

写真やプロフィール情報がほとんどない

パパ活アプリやマッチングアプリで、写真やプロフィール情報がほとんど無い人はやめたほうが良いでしょう。
身バレ対策で情報を抑えている可能性はありますが、写真やプロフィール情報は女性にアピールするための大事なもの。

ましてやパパ活は男性ではなく、女性からアピールするのが一般的です。
にも関わらず情報を伏せるというのは…普通に考えてありえないですよね。

以前そのアプリを使っていて強制退会になった、トラブルを起こした経験があるからオープンに情報を出せないといった可能性が考えられます。
考えすぎかもしれませんが、自分がトラブルに巻き込まれないために、それくらいは考えておいて良いと思います。

ましてやお金が絡むことですので、回避できるトラブルの種は回避するべきですよ。

30代のパパ活でアプリを選ぶときのポイント

30代のパパ活でアプリを選ぶときのポイント
30代でパパ活をするなら、アプリ選びでどういった点を意識すれば良いのでしょうか?
男女ともに意識すべき点は同じですので、まとめて説明していきますね。

年齢層を確認する

パパ活アプリを選ぶときは、年齢層を確認するようにしましょう。
というのもアプリによって年齢層が違いますので、うまく利用すれば有利にパパ活できるからです。

パパ活は2~30代が多いですよね。
ですので40代以降の利用者が多いアプリを選ぶと良いでしょう。

若いのが武器になるというのは良くわかっていると思いますので、意味はわかりますね。
どこを選んでもライバルがいるのであれば、できるだけ自分に有利なところで戦うべきです。

身バレを防止するための機能の有無

身バレを防止するための機能の有無を確認しましょう。
パパ活をしていて周囲に身バレしてしまうのは困りますよね。

Facebookと連携すると知り合いをブロックできる機能を持ったアプリもありますので、あれば活用していきましょう。

また自分がアプローチした相手にしかプロフィールが見えない、いわゆるプライベートモードと呼ばれるものもあります。

こちらはアピールされる機会が減ってしまうものの、雰囲気を掴むまでは使っても良いかもしれませんね。

どちらにせよ身バレする可能性は0ではありませんので、身バレ対策は意識しておきましょう。
まずはプロフィールに記載する情報と写真に注意ですね。

相手の評価を確認できるか

パパ活アプリの中には、相手の評価を確認できるものがあります。
相手の評価を確認できるのであれば、以前トラブルを起こしたかどうかも、メッセージでやり取りする前にわかりますよね。

基本的にパパ活アプリでは、登録時に本人確認が入るため、悪い評価がついたからといってアカウントを作成し直すことができません。

となると評価が悪くなるようなことはできませんよね。
ですので評価を確認できる機能は、悪いことをしないように抑止力となります。

メインになっている機能が異なるアプリを併用する

パパ活アプリを選ぶときは、メインになっている機能が異なるアプリを選びましょう。
例えば掲示板機能、位置情報を使ったすれ違い機能など、パパ活アプリにも色々ありますよね。

機能が異なれば、利用者も異なりますし、知り合える人の層も広がります。
ですのでできるだけ機能のことなったアプリを併用するのが良いでしょう。

アプリは1つに絞るとどうしても待ちの時間が多くなってしまいます。
当日会える人を募集できる機能を持ったアプリもありますので、併用することで効率よくパパ活を進められますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました